遺産分割の4つの方法

1.遺産分割には4つの方法がある

遺産分割の方法は相続人間で自由に決めて構いません。基本的に次の4つの方法があります。

(1)現物分割

これはたとえば不動産を妻に、預金は長男にというように、特定の財産をそのままの形で、特定の相続人に分けるもので遺産分割の中でもオーソドックスな方法です。詳しくは<現物分割のメリット、デメリット>

もちろん全財産を妻が取得するという内容でも問題ありません。

また、1つの土地を相続分で相続した後に分筆して分けることも可能です。

(2)換価分割

これは財産の全部または一部を売却し、金銭にして相続人間で分配する方法です。詳しくは<換価分割のポイント>

たとえば長男が不動産を取得し、それを売却換価して売却代金を相続人間で分配します。詳しくは<共有?単有?換価分割では相続登記の名義はだれにしておくべきか>

実家の土地建物を相続したが、住む予定がない場合などにこの方法が取られることがあります。

ただし、買主候補者がいなければそもそもこの方法を取ることはできません。

また、売却の手間や登記料、仲介手数料などの諸費用がかかります。

譲渡所得が出れば、譲渡所得税の問題もあります。詳しくは<相続人間で不公平な結果となる?換価分割の譲渡所得税>

(3)代償分割

これは長男が自宅を相続する代わりに、その価値に見合う金銭(代償金)を他の相続人に支払う方法です。詳しくは<代償分割のポイント>

たとえば、2000万円の土地を相続するにあたり、土地が欲しいAは、金銭が欲しいBに相続分に相当する1000万円を支払うことで調整し、相続人間の公平性を図るものです。

取得する相続人は代償金を支払う能力があることが前提です。支払う能力がない場合はこの方法での分割は難しいでしょう。

注意点としては代償金が贈与とされ、贈与税が課せられないようにするためにも遺産分割協議書には「Aは本件土地を取得する代償としてBに金〇〇円支払う」としておくことです。

(4)共有分割

これは各相続人が共有で取得する方法です。

たとえば、不動産を相続人全員の共有名義としておくことです。しかしこの方法はあまりオススメできません。詳しくは<共有分割・共有名義をオススメしない理由>

将来、不動産を売却する場合には共有者全員の合意を必要とし(一人でも合意しなければ、売却できません)、揃える書類も増えてきますので、適切なときに売却できない可能性もあります。

単独所有に比べ共有状態は紛争の元になりますし、共有者の一部に相続が発生し、その相続人が何人も増えていくと、さらに法律関係、権利関係を複雑にする可能性もありますので、この方法を取ったとしても早めに共有関係を解消することをオススメします。

2.まとめ

遺産分割には、以上のように4つの方法(ただし共有分割はオススメしません)があります。

どの方法を選択すればよいか、家族構成や、家族間の関係性、財産の種類や税務上の問題など個々の事情によって異なってきます。

どれを選択すればよいのか、絶対的な正解はありません。

それぞれに一長一短があるため、どの方法がその家族にとってベストかを見極め、円満、円滑に遺産分割協議ができるよう心がけることです。

相続は千差万別であり、似たようなものはあっても同じ相続は決してありません。

いずれの方法を選択するのがベストなのか、判断に迷った際は専門家に相談することをオススメします。

関連記事