エンディングノートとは?遺言書との違いは?

遺言書と似たようなものにエンディングノートというものがあります。

ここ数年、このエンディングノートは広く普及し、書店や文房具店などでも販売されているため、簡単に購入することができます。また、書き方などを解説した関連書籍も多くみられます。

一種のブームと言えるかもしれません。

1.エンディングノートとは

エンディングノートは、簡単に言うと、高齢の方がいつ訪れるか分からない自分の死に備えて、自分の考え方、死後の希望や自身の財産など、自身にまつわる様々なことについて書き記しておくノートです。

最近では若い方も残しておくケースが増えているようです。

近年、終活が注目されていますが、その代表的なものといえます。

2.何を書くか

書く内容に制限はありません。何を書こうが自由です。

以下はノートに書く内容の一例です。

◆自身の財産の内容(財産目録)

◆自身が認知症になった際に希望すること

◆臓器提供や延命治療について

◆自身の葬儀に対する希望、考え方、死生観

◆相続人の一覧(家系図)

◆自分史(学歴、職歴、特技、趣味など)

◆家族のこと

◆仲間のこと

◆人生のイベント、節目のこと

◆仕事について

◆死を伝えてほしい人の一覧表、連絡先

以上の他にも自身が書いておきたいと思ったものを自由に書いていくのです。

なお、相続財産漏れを防ぐためにも、エンディングノートを書くのであれば、デジタル遺品の情報(ID、アカウント情報など)を書いておくことをオススメします。詳しくは<デジタル遺品について>

3.何に書くか?書き方は?

エンディングノートは遺言と違い、決まった方式はありません。

ノートに書いても良いですし、市販のエンディングノートを活用しても良いでしょう。書き方も自由です。手書きでも、ワープロ、パソコンでもスマホアプリに残しておく方法でも構いません。

4.遺言との違い

遺言は基本的に相続分の指定や財産の帰属先を主な目的として書かれることが多いです。

そして、法的に効力があるものは法定遺言事項と呼ばれ、この法定遺言事項以外のことを遺言書に書いても法的には効力がありません。

作成方法も法律で厳しく定められています。詳しくは<遺言書には何が書ける?作成方法やメリット、デメリット>

作成費用も公正証書遺言であれば通常、数万円がかかります。自筆証書遺言はほぼタダで作成できますが、無効リスクや保管リスクに留意する必要があります。

一方、エンディングノートはあくまで自身のこと、自身の想いや家族の負担軽減のために書かれるものです。

法律でルールが規定されていませんので、法的には何ら効力はありません。

ただし、相続手続きを進めていくうえで、エンディングノートを参考にできれば、相続財産の調査などの負担が大幅に軽減されることでしょう。エンディングノートが有るのと無いのでは遺された家族の負担がまったく違います。

また、エンディングノートに想いをしたためることにより、相続人間の争続を防ぐことができるかもしれません。

作成費用も市販のエンディングノートであれば1000円ほどなので、抵抗なく作成できるのではないでしょうか。

開封方法も自筆証書遺言と違い決まりはありません。法的に効力はないため、当然、家庭裁判所の検認も不要です。

5.まとめ

以上のとおり、エンディングノートの用途、効果をみてきましたが、法的な効力があるわけではありません。

主に自分の想いなどを家族に伝え、また、死後必要となる手続きの負担を軽減するにとどまるものなので、遺言書との使い分けが必要になるでしょう。

しかし、エンディングノートを書くことは、基本的に自分が死んだ後の財産の帰属のことを記す遺言書とは違い、自身の最期が近づいていく中で、まさに自分史として遺しておき、いままでの自身の人生を振り返る良い機会になるのではないでしょうか。

関連記事