えんぴつは?遺言を書く紙やペンには決まりがある?

自筆証書遺言は読んで字のごとく遺言者自らが「自筆」で書く必要がありますが、その用紙や書くペンになにか決まりがあるのかといったご質問を比較的多く受けます。

1.用紙やペンに決まりはない

結論から言って、民法は遺言書の方式については厳しく定めていますが、その用紙やペンのことについては何も規定されていません。

したがって、使用すべき用紙やペンはなんでも構いません。

用紙は便せん、ノート、半紙などで問題ありません。

サイズも決まっていませんのでA4サイズに限らず、B5や、はがきサイズでも大丈夫です。

ただし、署名押印できるスペースは残しておけるようなサイズ、大きさの用紙に書くことです。

ペンはボールペン、万年筆、筆ペン、色も黒以外、赤や青でも問題ありません。

法律上はえんぴつでも問題ありませんが、えんぴつで書いた字は劣化しやすく、改ざんも容易ですので、やめておきましょう。

2.書き方にも決まりはない

書き方も特に制限はないので、自由です。縦書き、横書き、右から書いても、左から書いても内容が判断できれば問題ありません。

3.まとめ

用紙やペンは何でも良いといっても、自筆証書遺言書は長期間保管されることが想定されますので、経年劣化に耐えうるものであることが大前提です。

また、相続人間で遺言書の有効無効を巡って争いが生じる可能性がありますので、広告の裏や、メモ用紙など、適当な紙に書くことはやめておきましょう。

関連記事