公正証書遺言の作成はどこの公証役場でもよい?

公正証書遺言を作成する場合には、実際に公証役場に出向く必要があります。その公証役場は日本全国にあります。

1.作成を依頼する公証役場はどこでもよい

いざ公正証書遺言を作成することになっても、自分がどこの公証役場に行けばよいか迷われるかも知れません。

実は作成する公証役場に場所的な制限はなく、遺言者が公証役場を自由に選択できます。

東京に住む人が、千葉の公証人に作成してもらうこともできます。

もっとも、特別の事情(信頼している、知り合いであるなど、どうしても特定の公証人に作成してもらいたい)がなければ、交通費や時間、手間のことを考えると、通常は自宅から最も近い公証役場での作成となるでしょう。参考として(公証役場一覧)

2.出張してもらう場合は制限あり

ただし、病気などで公証役場に出向くことができず、公証人に病院や施設に出張してもらって遺言書を作成する場合は、自由に公証人を選べません。

公証人は自己が所属する(地方)法務局の管轄する地でしか職務を行えないからです。

したがって、出張を希望する場所(施設や病院など)の最寄りの公証人を選ぶことになるでしょう。

なお、出張してもらう場合は、公証役場費用が加算されます。詳しくは<公正証書遺言の作成費用は?>

3.まとめ

原則、どこの公証役場で遺言書を作成するかは、遺言者が自由に選択できます。

例外として、出張にて作成する場合は、公証人の職務は管轄内でしか行えないため、出張場所の最寄りの公証役場を選択することになります。

関連記事