孫に遺産を相続させるには

1.孫は相続人ではない

だれが法定相続人かは民法で定められていますが、孫は法定相続人にはあたりません。

何もしなければ、孫に相続させることはできませんが、1代飛ばしで孫に遺産を相続させる方法はいくつかあります。

孫に遺言書を書く

孫に相続させる遺言を書いておけば、孫に遺産を残すことができます。

ただし、他の相続人の遺留分には留意しましょう。

孫に生前贈与する

生前に孫に贈与しておくのです。

その際、当然贈与税も考慮する必要がありますが、特例などが使えるか検討する必要があります。

主には以下のものがありますが、それぞれ要件があるので事前に確認しておくことです。

なお、孫は相続人ではないため、原則、孫が受けた贈与は特別受益にはあたりません。

◆暦年贈与

110万円までは贈与税がかかりません。詳しくは<贈与の活用による相続税の節税(暦年贈与)>

◆相続時精算課税制度の利用

2500万円までは贈与時に贈与税は課税されません。詳しくは<贈与の活用による相続税の節税(相続時精算課税制度)>

◆教育資金贈与

◆住宅購入資金贈与

養子縁組する

養子縁組により、孫は実子と同じく第1順位の相続人となります。

注意点としては、他の相続人の相続分や遺留分が減る場合があります。

相続税の2割加算にも留意しておくことです。詳しくは<節税のため孫を養子とする場合の注意点>

代襲相続

親より子が先に死亡したことにより、孫が相続する場合です。法律上当然に相続人となりますので、特に手続きは不要です。

2.まとめ

以上のとおり、孫に遺産を残す方法はいくつかありますが、孫へ遺産を渡したければ、早めの対策を取っておくことです。

なにが最善の方法か、遺産や相続人との関係、その他の事情を考慮して選択することです。

いずれにしろ、何もしなければ孫が相続することは(代襲相続を除き)ないということです。

ただし、孫に遺産を渡した(渡し過ぎた)結果、他の相続人とトラブルになってしまうこともあるため、十分注意しましょう。

関連記事