固定資産税を支払えば相続登記は勝手にされる?相続登記の誤解

1.相続登記は役所が勝手にしてくれない

被相続人から相続人に名義を変更することを相続登記といいます。

この相続登記ですが、相続人からの申請によりされます。

死亡届を受けた役所、役場が自動的に行ってくれるわけではありませんし、葬儀会社がしてくれるものでもありません。

あくまで自らで(もしくは司法書士に依頼して)申請しなければならないのです。詳しくは<自分でできる!相続登記の申請方法や申請書の書き方>

2.固定資産税の請求がくると名義は変わっている?

役所が相続登記を自動的にしてくれませんが、固定資産税の納税通知書は相続人に届きます。

具体的には相続人代表者に届きます。詳しくは<相続登記をしたらかかってくる税金、かからない税金は?>

そこでよく勘違いされるのが、

「固定資産税の納税通知書が届いたから、名義も変更されていると思った」

「固定資産税を支払ったから名義は変わっているものと思った」

といったところです。

しかし、固定資産税を支払ったから、請求がきたからといって、それをもって当然に(特定の)相続人に登記名義が移っているわけではありません。

同じように、「相続税を支払ったから、不動産の名義も変わっている」といった誤解もあります。

いずれも、納税したからといって登記名義が変更されているわけではありません。

なお、相続人代表者が固定資産税のすべてを負うわけではありません。詳しくは<相続した不動産、固定資産税はだれが負担?>

3.相続登記をしていなくても固定資産税は支払う必要がある

また、「相続登記をしなければ、固定資産税を支払わなくてもよいのか」といったご質問をたまに受けることがありますが、それもまったくの誤解です。

相続登記をしなければ固定資産税を支払う必要がないといったことは一切ありません。

相続登記がされるまでは法定相続人(相続人代表者)が、相続登記がされて名義が確定した後はその登記名義人が毎年支払うことになります。

4.まとめ

固定資産税の請求と登記名義の誤解について解説しました。

固定資産税の請求の有無や税金の納税があれば、登記名義が変更されるといったことはありません。

登記をしていなくても、固定資産税はかかってしまいますし、税金を支払っていても登記名義は勝手に変更されません。

いずれにしても、相続登記をしていようがいまいが、税金との関連性がないため(どうせ請求はされる)、相続登記ができる状態であれば早めに登記申請しておくことです。

相続登記の放置はデメリットが多いですが、素早い対応には何もデメリットはありません。

また、相続登記の義務化も議論されていますので、そのままにして次世代に先送りしないで、「できるときに、できることをしておく」ことをオススメします。

関連記事