終活とは?死後に備えて

1.終活とは

単身世帯の増加に加え、新型コロナウイルスの影響で「終活」を意識する方、考える方が増えているといった報道がされています。

終活とは、「自分の死を考え、その死を迎える準備を生前に行っておくこと」です。

その終活、まず生前整理・遺品整理やエンディングノートの作成を思い浮かべるのではないでしょうか。

たとえば、自分にとっては大事なモノであっても、他人にとってはそうではないモノは思いのほか多くあります。

家族では手に負えず、遺品整理業者などの専門家に任せるといったことも珍しくはありません。

そのため、生前、できるだけ身辺を整理しておき、遺された家族が困らないよう、「断捨離」をしておくことも大事になってきます。

また、法的な手続きとしては、

・「遺言書の作成」詳しくは<遺言書には何が書ける?作成方法やメリット、デメリット>

・「認知症対策としての家族信託」詳しくは<将来の認知症に備えるには?後見制度との違いは?家族信託の解説>

・「任意後見契約」詳しくは<将来の不安に備える任意後見契約とは?手続きの流れやポイント>

・「死後の事務を任せる死後事務委任契約」詳しくは<死後の事務を任せたい場合は?死後事務委任契約>

などがあります。

最近では生前に知人らとお別れをしておく「生前葬」といったものもあります。

2.どう終活するかは人それぞれ

では、その終活、いったい何をどうすればよいのか分からないのが実際のところだと思います。

「死後の整理のために家族に迷惑をかけたくない」

「死後に自分の財産がどうなるか不安」

「身寄りがないため、お墓、葬儀などはどうすればよいか」

「死後の様々な手続きはどうなるのか」

「自宅にあるモノはどうすればよいのか」

「スマホやパソコンのデータ、登録情報はどうなる?」

以上のようなお悩み、ご不安を少なからず感じることがあるでしょう。

人によって考え方や悩み、不安は異なります。

終活の内容、中身も異なってくるため、どのような終活を行うかは人それぞれです。

したがって、その人にとって今のうちに何をすべきか、何が最善かを見極めることが重要になってきます。

3.まとめ

終活は何も後ろ向きな活動ではありません。むしろ、あらかじめ対策を取っておくことで、ストレスを和らげ、よりよい老後を過ごすことができます。

弊所では、ご希望をお聞きしたうえで終活の始め方やその方法、準備しておくべきものなどをご提案し、終活のお手伝いをしています。

お気軽にお問い合わせのうえ、ご活用ください。

関連記事