遺産整理のご相談の方へ

遺産整理のご相談

遺産には、自宅不動産をはじめとして預貯金、保険、株式などの金融商品その他、被相続人(故人)がいままで築いてこられた多種多様な財産があることでしょう。
被相続人が亡くなった後は、これらの遺産について、相続人への名義変更などの各種相続手続きが必要になってきます。

ただ、名義変更などの手続きに慣れていない中、ご自分でイチから行うことは大変な負担、ストレスがかかることでしょう。

「遺産整理」とは、それら被相続人が生前に築きあげてきた遺産について、当事務所が相続人の皆さまに代わり、解約や名義変更などの各種相続手続きを一括して執り行うことです。

もちろん「不動産の名義変更の手続きだけお願いしたい」といったご希望も承っております。

もっとも、ある特定の遺産の整理についても依頼するよりは、基本的にはすべての遺産についてまとめて手続きを行うことが、かえってスムーズに、そして漏れなく行うことができます(基本的にその方が費用もお安くなります)。

当事務所では被相続人の相続人調査からはじまり、相続財産調査、遺産分割協議などの各書類の作成、各担当機関との打ち合わせ、実際のお手続きのすべてを承っております。
相続人の皆さまにやっていただくことは、基本的には印鑑証明書のご準備と、必要書類にご捺印いただくことです。

当事務所から各相続人に書類を郵送し、実印を押して、印鑑証明書を同封して返送してもらうだけですので、ご負担やストレスを感じることはありません。
あとは手続きが終わるのをお待ちいただくだけです。

このような方はご相談ください

遺産整理をいざ行うとなった場合、まず何から手を付ければよいか、どのように進めていけばよいか迷われるのではないでしょうか。
また、役所や銀行などは基本的に平日にしか開いていないため、平日に働いている方にとってはハードルが高いのが現実です。

「親が亡くなったので名義変更など遺産整理をしたいが、手続きが複雑で面倒」

「遺産が不明なので、その点も含めて調査してほしい」

「相続人が多い。相続人が各地バラバラに住んでいるため、スムーズにいかない可能性がある」

「相続した不動産を売却して現金化したい」

といった方は遠慮なくご相談ください。お悩みを解決し、迅速、確実に相続人の皆さまの元に遺産を承継させることができます。

なお、銀行も遺産整理業務を行っています。
銀行に依頼した場合は、「銀行に任せる」という大きな安心感はありますが、実際はその銀行の担当者の質や経験に左右される傾向が強いです。
また、費用が割高になります。

なぜなら、銀行自らが相続登記や相続税申告などを行うわけではなく、国家資格者である司法書士や税理士などの専門職にそれらの手続きを外注するため、銀行自身の報酬に加え、別途、専門家への外注費用が余計にかかるためです。

銀行に依頼すれば窓口が1つに集約されているため、便利で楽なのですが、専門家に直接依頼した場合の方が費用はかなり安く済みます。
当事務所は税理士など他士業の先生とも連携を取っております。
その際にかかる費用も、その先生の報酬だけです。

たとえば、当事務所から相続税など税金の手続きを税理士の先生にお任せしたとしても、司法書士がリベート、紹介料などを取ることは禁止されているため、その先生の報酬だけで済みますのでご安心ください。

料金表

遺産整理 相続財産の価額が500万円以下 20万円
500万円を超え3000万円以下 30万円
3000万円を超え1億円以下 40万円
1億円を超え3億円以下 50万円

※相続人調査・相続財産調査及び相続関係説明図、遺産分割協議書その他必要書面の作成含む。

不動産の相続登記、預貯金口座や株式等有価証券の解約・換金、生命保険金受取手続き等。

遺産整理業務について詳しくは<遺産整理手続きについてのご案内>をご覧ください。

預貯金のみの解約・換金手続きの場合は、1つの金融機関につき4万円~でお受けいたします。

相続財産の価額は相続開始時を基準として預貯金、有価証券等であれば残高証明書の額となります。

(各種特例適用による減額前・債務控除前の額)

※上記の項目も同じ

※その他のサービス内容と料金表はこちらをご覧ください。