被相続人の出生から死亡までの戸籍ってどういうこと?

1.出生から死亡までの戸籍を取る理由

よく、被相続人の出生から死亡までの戸籍といいますが、なぜ、被相続人の出生から死亡までの戸籍が必要なのか、死亡していることが分かればよいのではないかと思いたくなるところですが、それだけでは被相続人の相続人を確認できないのです。

その人が生まれた後、だれと婚姻したか、何人の子がいるか、もしくはだれと離婚し、だれと再婚したか、養子をとっているのかなど、人の一生の身分事項は、戸籍を確認することで分かります。

そして、一般的に「戸籍謄本」「除籍謄本」「改製原戸籍謄本」のことをまとめて出生から死亡までの戸籍といいます。

そして、相続手続きは、相続人全員の関与が必要になります。

遺産分割協議を行うにしても、仮に相続人の1人でも除外していればすべてが無効となってしまいます。

つまり、相続人を確定させることは相続において最も重要なところなのです。

そのため、まずは出生から死亡までの戸籍を取得し、その戸籍から相続人を調査、確認していき、そして銀行や法務局などの提出機関にもそれを証明する必要があるのです。

銀行などの第三者は当然、被相続人の身分事項を知りません。それを証明するためには戸籍が必要になるのです。

配偶者から「被相続人の子は2人しかいませんよ」と説明を受けても、戸籍を追っかけていくと被相続人には離婚歴があり、前妻との子が判明したということは珍しくありません。

出生からの戸籍を取っていく中で、その間に戸籍は何度か改製されてきたため、改製原戸籍謄本が必要になり、また、婚姻に伴う除籍謄本も必要になります。加えて死亡の記載のある戸(除)籍謄本も必要になります。

これらすべてを取って、「出生から死亡までの戸籍」となるのです。

2.戸籍が1つでも漏れてはダメ

相続人確定のために、出生から死亡までの戸籍が必要になりますが、途中1つでも取得漏れがあれば、相続人を確定することができません。

たとえば、相続登記のために法務局に戸籍一式を提出しますが、戸籍の取得漏れがあると相続登記が完了しません。

あとで漏れた戸籍を取得し提出すれば何も問題はありませんが、そのまま放置してしまうと申請の却下といったことにもなりかねません。

漏れた戸籍と取ってみたところ

漏れていた戸籍を取ったところ、そこには養子にいった子が記載されていたといったこともあります。

普通養子であれば、養子にいったとしても依然として相続人のままなので、結果、相続人の一部を除外して手続きをしていたことになります。

そうなってしまうと、すべてがイチからやり直しとなってしまいます。

3.出生から死亡までの戸籍は何通くらいになる?

前述のとおり、相続においては出生から死亡までの戸籍が必要になりますが、だいたい何通になるのかというご質問をよく受けます。

実際に何通必要になってくるかは、人によって様々です。

今まで戸籍を数多く取ってきましたが、平均的には4通、5通で収まります。

しかし、たとえば昭和1ケタ生まれの、長生きされた方であれば、その分必要な戸籍が多くなるのが一般的です(だいたい7通、8通くらい)。

また、婚姻や離婚、再婚を繰り返している人は、通常は除籍、転籍を繰り返しているため、必要となる戸籍は必然的に多くなっていきます。

4.まとめ

以上のように、相続手続きを進めていくには、まずは被相続人の出生から死亡までの戸籍が必要になります。

基本的に死亡の記載のあるものだけでは足りませんので、要注意です。

なお、相続人を確定する必要のない手続きにおいては、死亡の記載のある戸籍のみで対応してくれる場合もありますので、事前に提出機関に確認することです。

関連記事