相続放棄により受け取れない財産、相続放棄しても受け取れる財産

1.相続財産かどうかで判断

相続放棄をすると、不動産や預貯金、車などのプラスの財産はもちろん、借金や滞納税などマイナスの財産も相続しません。

このあたりは当然といったところですが、なかには相続放棄をしたとしても受け取れる財産なのか、受け取れない財産なのか判断に迷うもの、難しいものもあります。

受け取れるかどうか、その判断の基準はその財産が相続財産」にあたるかどうかです。

ある財産が相続財産にあたるのであれば相続放棄をしてしまうと受け取れません。

一方で、ある財産が相続財産ではなく受け取った者の固有の財産であれば、相続放棄をしても受け取れますし、受け取った後であっても相続放棄の申立てができます。

「受け取っても問題はない財産なのかどうか」

なかには判断の難しいものもあるため、自分で安易に判断しないで専門家に相談することをオススメしますが、受け取れる財産、受け取れない財産を簡単に以下でまとめてみました。

2.受け取れない財産(=相続財産となる)

被相続人が受取人である死亡保険金

死亡保険金の受取人が被相続人と指定されていれば、それは被相続人に対して支払われるため相続財産となり、相続放棄をしてしまうと受け取れません。

なお、相続税の死亡保険金の非課税枠である「500万円×相続人」については、相続放棄した相続人も数に含めることができます(相続放棄がなかったものとしてカウント)

税金、保険料の還付金

被相続人が生前に一括で支払っていた税金などは本人死亡によって結果的に払いすぎていたことになりますが、それは実際に支払った被相続人に対して還付されるものです。

したがって、相続財産となりますので、相続放棄により受け取れません。

3.受け取れる財産(=相続財産とならない)

未支給年金

死亡するまでに受け取れるはずであった年金のことを未支給年金といいますが、国民年金法という法律には「遺族」が受け取れる旨が規定されています。

遺族が受け取れるということは、相続財産ではないということです。

したがって、相続放棄をしていても受け取れます。

遺族年金

遺族年金は、配偶者や子の生活保障のために支給され、これらの者が直接受け取るものなので、相続放棄によっても影響を受けることはありません。

国民健康保険、健康保険組合などから支給される葬祭費、埋葬料など

受取金額は各自治体の条例により異なりますが、一般的に5万円前後が多いです。

葬祭費などは被相続人ではなく、喪主などの相続人に支払われるものであるため、相続財産とはなりません。

香典、弔慰金

香典や弔慰金は遺族(主に喪主)に対する贈与と考えるので、相続放棄は関係ありません。

4.注意を要する財産

高額医療費還付金

高額医療費の還付金を受け取る権利は世帯主にあります。

したがって、被相続人が世帯主であれば、相続財産となり相続放棄をすると受け取れませんが、被相続人が世帯主でははなければ受け取っても相続放棄できます。

死亡退職金

死亡退職金は、だれが受取れるかは勤め先の退職規定に従うことになりますので、まずは就業規則などを確認する必要があります。

受取人の定めがない場合や、あっても被相続人本人が受取人となっている場合は、相続財産となり、相続放棄をすると受け取れません。

5.まとめ

相続放棄をしても受け取れるもの、相続放棄すると受け取れないものをみてきました。

いずれかの判断は、その財産が「相続財産にあたるかどうか」により左右されます。

ただ、受け取れないものを受け取ったからといって、当然に相続放棄の効力が覆るわけではありませんし、相続放棄の申立てができなくなるわけでもありませんが、いずれにしても適切に管理、保存しておく必要はあります。

なお、相続財産を使ってしまうと「処分行為」にあたり、その相続を全面的に受け入れる効果が生じます(法定単純承認)。

その結果、相続放棄ができなくなりますし、相続放棄をすでにしていても、裁判で相続放棄の効力が覆る、否定される可能性もあるので要注意です。

「間違って受け取ってしまった」

「受け取れると勘違いして受け取ってしまった」

といった場合は、専門家に相談することをオススメします。

関連記事