遺言書を書いたら老後の面倒をみてくれなくなる?

相談事例

実は子供に遺言書を書くかどうかで迷っています。

というのは、子供に財産を与える遺言書を書いてしまうと、書いた後、私が介護を必要とするようなことになった場合に、遺言書があることをいいことに面倒をみてくれなくなるのではないかと心配しています。

そのようなことはないと思いたいのですが、どうなるか分からないのが正直なところです。

実際に、遺言書を書いた後では子供など家族が面倒をみてくれなくなる、態度が変わってしまうといったことはあるのでしょうか。

1.遺言の撤回は自由

遺言は、自由に撤回することができますし、イチから書き直すことも自由です。

作った遺言書に不満があれば、後の遺言で撤回することができます。詳しくは<遺言は取り消せる?撤回方法は?>

また、あらためて別の遺言書を作成すれば、内容が抵触する部分について前の遺言は撤回したとみなされます。

したがって、遺言書を書いた後、老後に面倒をみてもらえなくなるのではないかと心配する気持ちも分かりますが、残念ながら現実にそのような事態になってしまった場合は、遺言書を書き直したり、撤回したりすればよいのです。

2.まとめ

遺言を作成するのも、撤回するのも遺言者の自由です。

一度作ったからといって、その遺言書に生涯、拘束されるようなことはありません。

家族からの後押しで作成に踏み切ることはあるかもしれませんが、だれかに強制されて行うものでもありません。

そして、子供が、遺言書を作成してくれたことに安心して、老後の面倒をみてくれなくなるケースはまれに聞きますが、そのような場合は、その子供に残した遺言書を撤回すればよいのです。

なお、その際にも当然ながら遺言能力(有効に遺言を作成するための判断能力)は必要になりますので、認知症を患い判断能力を欠いてしまった場合は、撤回や作り直しなどを行うことは基本的にできません。

ただし、一時的に判断能力を回復した場合など、一定の要件を満たせば作成することができます。詳しくは<認知症でも遺言書を書ける?成年被後見人が遺言書を書くには?>

関連記事