相続放棄者に対して遺留分侵害額請求ができるか?

遺留分を侵害された相続人は、遺贈や贈与を受けた相手方に遺留分侵害額請求ができます。

ただ、侵害請求の相手方が相続人だとして、その者が相続放棄をした場合であっても、遺留分侵害額請求をすることは可能なのでしょうか。

1.相続人であった者への遺留分侵害額請求

相続放棄により、相続人の地位は失いますが、相続放棄をした者に対して、その者にされた贈与について遺留分侵害額請求を行うことができるのか疑問がでてきます。

この場合、その相続放棄者に対してされた贈与が以下のどちらかにあてはまれば行うことができます。

①相続開始前の1年以内にされた贈与に対して

被相続人の死亡する1年内にされた贈与であれば、相手方が相続放棄者であっても、その贈与に対して遺留分侵害額請求を行うことができます。

②当事者が遺留分権利者に損害を与えることを知ってした贈与に対して

この場合は、いつ行われた贈与であっても(何年前のものでもその贈与に対して遺留分侵害額請求が可能です。

もっとも、遺留分を主張する者の方で「当事者が遺留分権利者(自分)に損害を与えることを知ってした贈与」であることを立証しなければなりません。

2.時効に注意

遺留分侵害額請求には時効があります。

具体的には以下のいずれかの期間の経過により、時効により権利が消滅し、行使することができなくなりますので注意しましょう。

◆遺留分権利者が相続の開始および遺留分を侵害する贈与または遺贈があったことを知った時から1年

または

◆相続開始から10年

3.まとめ

相続放棄をしている者に対しても、その者に対してされた贈与に対し、それを特別受益として遺留分侵害額請求を行うことは可能です。

ただし、相続開始の1年以上前の贈与に対しては、損害を与えることを知ったなどの立証が必要になりますが、そのハードルは正直高いため、請求し、それが認められることは簡単ではないでしょう。

関連記事