子がいないと配偶者が全部相続する?相続人の勘違い

相談事例

遺産相続について質問があります。

夫が先月亡くなりました。

相続人は妻の私と、長男と長女の3人です。

相続財産は自宅だけなのですが、この度、この自宅を私が相続することで合意しました。

しかし、夫に隠れた借金がある可能性もゼロではないため、子供たちには相続放棄してもらうことにしました。

そうすれば、相続人は私だけになりますし、もしも夫に借金があった場合にも、子供たちがその借金を背負うことがないようにと考えたからです。

そして、子供たちの相続放棄が受理された後、書類を揃えて自宅の相続登記を自分で申請したのですが、しばらくして法務局から「相続人の全員が関与していない」「この書類だけではあなた単独名義ではの相続登記はできない」「申請を取り下げて欲しい」と連絡が入りました。

1.相続放棄すると、相続権は次順位者に移る

相談者は、遺産分割協議で合意できるけど、被相続人に隠れた借金がある場合のことを考え、遺産分割協議ではなく、子に相続放棄してもらって自分の単独名義にしようとしたということです。

ここで、つい忘れがちになりやすいところですが、子が全員相続放棄したからといって、当然に妻が全部を相続できるわけではありません。

子は相続権第1順位者ですが、その子が全員、相続放棄したことによって、第1順位の相続人がいなくなったとしても、その相続権は第2順位(第2順位がいなければ第3順位に)に移っていくからです。

したがって、第2(もしくは第3)順位の相続人の書類(戸籍や印鑑証明書)を欠いているため、そのままでは妻単独での登記名義はできません。

一旦、登記申請を取り下げる形となるでしょう。

取下げ後、不足書類を集めていき、あらためて登記申請することになります(当然、次順位相続人と遺産分割で合意する必要があります)。

2.相続放棄の撤回は?

子の相続放棄を撤回し、はじめから相続放棄をしていなかったことにしようとしても、相続放棄の撤回、取消しは原則認められません。詳しくは<やっぱりやめたい!相続放棄の撤回、取消しはできる?>

相談事例のような理由で子が相続放棄した場合、相続放棄の撤回は認められないでしょう。

配偶者は次順位者と遺産分割をする必要があります。

3.まとめ

配偶者は常に相続人です。配偶者に順位のようなものはないのです。

したがって、先順位者の相続放棄により、配偶者がいたとしても次順位者に相続権が移ります(配偶者とともに次順位者が相続人となる)。

ここの意識がすっぽり抜けていると、相談事例のように取り返しのつかない、まったく想定外の結果になってしまうこともありますので、この場合は専門家に相談することをオススメします。

関連記事